給付制度付の合宿免許

雇用保険の給付制度の一環として、教育訓練給付制度があります。働く人のスキルアップや離職中の人の再就職を促すための給付制度ですから、大型免許を取得する際にも活用できます。教育訓練給付制度を利用すると、40,000円から100,000円程度の給付金を受給可能です。

教育訓練給付制度を大型自動車の合宿免許で利用する際には、雇用保険に1年以上加入しているか、前職にて1年以上雇用保険に加入していた経歴が必要です。離職中の人は、離職してから1年以内であることも条件に含まれます。雇用保険に加入していない、あるいは前職で雇用保険に加入していなかった場合は、教育訓練給付制度は利用できません。

給付制度の利用が2回目以降の場合、合宿免許に入校する時点で3年以上雇用保険に加入していることが給付の条件です。もう1つ、前回の受給から3年以上経過していることも条件に含まれます。給付金の受給資格があるかどうかは、住所を管轄するハローワークにて照会可能です。合宿免許の入校時には、ハローワークから発行される教育訓練給付金支給要件回答書が必要です。入学金と受講料が給付対象となり、合計額の20%かつ上限10万円以内が給付金として戻ってきます。

大型免許の種類

運転免許には、大きく分けて一種と二種、仮運転免許の3種類があります。一般的に運転免許というと一種を指しますが、一種運転免許といってもその種類は9つもあるのです。9つの一種運転免許の中には、大型免許が3種類も含まれています。

一種免許の大型免許は、車両総重量11,000kg以上、かつ最大積載量が6,500kg以上の四輪自動車を運転できる免許です。乗車定員30人以上の四輪自動車も、運転できます。排気量400cc以上の二輪自動車を運転できる、大型二輪免許もあります。もう1つの大型特殊免許は、特殊な車両を運転できる免許です。特殊な車両とは、シャベルカーやロードローラー、フォークリフト、クレーン車などを指します。一種の大型免許を取得しておくと、大型自動車だけでなく、普通・中型自動車や小型特殊自動車、原動機付自転車も運転することができます。

第二種運転免許の中にも大型第二種運転免許と大型特殊第二種免許が含まれますが、一種とは違い、営業目的で人を乗せて運転する免許を指します。バスの運転をするときには、大型第二種運転免許が必要です。免許の種類によって運転できる車両が違ってくるため、大型免許を取得する際にもよく注意しておきましょう。

最短8日で大型免許

大型自動車を運転するためには、大型免許が必要です。日本全国どこにいても安定して物が手に入るのは、物流が充実しているおかげ。大型免許取得者のニーズは増えていますから、少しでも早く免許を取って大型自動車の運転を仕事にしたいと思っている人も多いわけです。そこで、大型免許をスピード取得できる、合宿免許が注目されています。

大型免許の試験は、ハードルが高くなってきています。なぜなら、大型自動車の事故が増えてきているためです。そもそも、大型免許を取得するには、21歳以上で普通か大型特殊の運転歴が3年以上なくてはなりません。その他にも条件がありますが、通学の場合なら最短でも10日間の教習カリキュラムをこなす必要があります。

その点、合宿免許では、通学よりも教習カリキュラムを集中して受けることが可能になります。最短で8日間あれば大型免許を取得できる合宿免許もあり、一日も早く大型免許を取得したい人には助かるでしょう。運転免許を取得する際には、期間を集中して取り組まないと忘れてしまうリスクがあります。合宿免許なら、大型免許の講習に合宿中ずっと集中できるため、前回講習を受けた内容が身に付いた状態で新しい講習に進めるのもメリットです。

関連リンク【合宿免許.com|最低価格保証で安心!全国の合宿免許情報を掲載!】

大型は合宿免許で取得

合宿免許は、なるべく短い期間に集中して運転免許を取得したい人に人気です。普通免許の合宿はよく知られていますが、実は大型免許も合宿で取得できるのをご存じでしょうか。どのくらいの期間で大型免許を取得できるのか、大型免許の種類やお得な給付金制度なども含めて紹介します。

合宿免許のメリットは、教習所に通って免許を取得するよりも短期間で済むところです。集中して免許の講義を受けたり、試験にパスしたりしたい方にも合宿免許が向いているでしょう。講義を集中して受けて、最短効率で免許を取得できれば、教習費用も通学より節約できるはずです。大型免許試験のハードルは近年高まっていますから、学んだことを忘れないうちに試験に活かせる合宿免許が便利です。

大型免許には一種と二種があり、二種は営業目的で人を乗せるバスの運転のような免許を指します。一種大型免許にも重量や積載量の規定があり、取得すると仕事の範囲が広がるでしょう。一種大型免許を取得すると、普通・中型の四輪自動車や原動機付二輪自転車などの運転も可能になります。

大型免許を合宿免許で取得する際、雇用保険の教育訓練給付制度を利用可能です。上限100,000円までで入学金と受講料の20%までが給付対象となりますから、利用しない手はありません。ただし、雇用保険に加入中、あるいは離職中でも一定の期間以上、雇用保険に加入していたなどの条件がありますから、合宿免許の入校前にハローワークで受給資格があるかどうかを照会してもらいましょう。