大型は合宿免許で取得

合宿免許は、なるべく短い期間に集中して運転免許を取得したい人に人気です。普通免許の合宿はよく知られていますが、実は大型免許も合宿で取得できるのをご存じでしょうか。どのくらいの期間で大型免許を取得できるのか、大型免許の種類やお得な給付金制度なども含めて紹介します。

合宿免許のメリットは、教習所に通って免許を取得するよりも短期間で済むところです。集中して免許の講義を受けたり、試験にパスしたりしたい方にも合宿免許が向いているでしょう。講義を集中して受けて、最短効率で免許を取得できれば、教習費用も通学より節約できるはずです。大型免許試験のハードルは近年高まっていますから、学んだことを忘れないうちに試験に活かせる合宿免許が便利です。

大型免許には一種と二種があり、二種は営業目的で人を乗せるバスの運転のような免許を指します。一種大型免許にも重量や積載量の規定があり、取得すると仕事の範囲が広がるでしょう。一種大型免許を取得すると、普通・中型の四輪自動車や原動機付二輪自転車などの運転も可能になります。

大型免許を合宿免許で取得する際、雇用保険の教育訓練給付制度を利用可能です。上限100,000円までで入学金と受講料の20%までが給付対象となりますから、利用しない手はありません。ただし、雇用保険に加入中、あるいは離職中でも一定の期間以上、雇用保険に加入していたなどの条件がありますから、合宿免許の入校前にハローワークで受給資格があるかどうかを照会してもらいましょう。